経営者なら知っておきたい会社の税金関係

どこで税金が発生するのか

複数の税金を納めよう

法人が納めなければいけない税金は、まず法人税、さらに法人住民税などが挙げられます。
さらに事業を行っていることに対しての税金や、消費税など身近な税金も発生すると覚えておきましょう。
税金は必ず支払うもので、滞納するとトラブルに発展します。
トラブルが起こると、会社の信頼を失ってしまうことがあるので注意してください。

たくさんの税金があると、稼いでも手元に残る利益がなくなってしまうと不安に思っている人が見られます。
しかし節税することで、利益を失わずに済むので実行してください。
ここで注意したいのは、節税は良いですが脱税は法律で禁止されているということです。
ですから法律に触れないよう、青色申告法人の承認を受けたり、税制優遇制度を活用したりするのが良い方法です。
そのような方法なら、法律に違反することはありません。
他にも節税の方法やポイントがあるので、調べて実行してみましょう。

法人税の青色申告をするのは節税の良い方法ですが、そのためには複式簿記を使って、帳簿を細かく付けなければいけません。
面倒ですし、簿記の知識が必要になります。
自信がない人は、会計ソフトを使ってください。
すると自動で消費税を計算してくれるので、計算が苦手な人でも帳簿を付けられると思います。
さらに割と頻繁に税制改正が行われますが、それにも対応できる会計ソフトが多いです。
自分の負担を削減できるメリットがあるので、ぜひ会計ソフトを使ってください。