>

経営者なら知っておきたい会社の税金関係

どこで税金が発生するのか

税金の種類と節税のコツ

自分で計算する機会が多い

まずは、法人税という税金があります。
こちらは法人の所得に応じて課税される、国で決められた税金のことを言います。
所得を算出する時は、その事業年度の利益の金額から、損失の金額を引くと答えがわかるので計算は簡単です。
また法人税の税率は、所得に応じて変わるので間違えないでください。
所得金額が年間800万円以下の部分は、15パーセントです。
しかし年間の所得が800万円を超えた場合は、23.2パーセントになります。

さらに会社では、法人住民税を支払います。
法人住民税は、自治体が住民サービスをするために課税する税で、市町村税と道府県民税が存在します。
さらに法人住民税は所得の有無にかかわらず資金と従業員の数に応じて課税される均等割と、法人税の金額によって課税される法人税割があります。

免税の対象になる場合

法人事業税は、地方公共団体のサービスを受けている会社に対して、所得金額や収入金額をもとに納税する地方税です。
地方法人税という税金もあり、それは法人事業税を国税として考え、法人事業税を地方財源にして国から都道府県に渡すための税金になります。

さらに最も身近な税金である消費税も、会社を経営している時に発生します。
会社を経営する際は売り上げで受け取った消費税と、仕入れや経費で支払った消費税が発生します。
その差額を計算し、消費税を納税してください。
消費税は基準期間中の課税事業年度の売り上げに対して課されますが、経営を始めたばかりで基準期間がない会社が見られます。
その場合は資金額が1000万円未満なら、免税の対象になります。


このコラムをシェアする