>

経営者なら知っておきたい会社の税金関係

どこで税金が発生するのか

お得に税金を納めるために

制度を知ることが大事

節税するなら、青色申告法人の承認を受けてください。
これは、基本的な節税の方法です。
青色申告では欠損金の繰越控除ができ、所得の控除、さらに税額の控除など様々な制度を受けられます。
余計な出費を減らせるので、青色申告をすることを忘れないでください。
青色申告の申請は、簡単にできます。
これまで白色申告をしていた会社は、すぐ税務署に相談してください。

さらに、税制優遇制度に関して調べるのも良い方法です。
中小法人に向けた制度があるので、該当する会社が活用しましょう。
例えば交際費は原則として損金不算入になりますが、中小法人なら特例で、年間で800万円まで損金にできます。
さらに30万円未満の資産は、所得費をその年の経費として計算することも可能です。

控除のシステムを理解

所得控除には、割増償却と特別償却が存在します。
割増償却は通常の減価償却費を割り増して計算できる制度で、特別償却は特殊な穂償却費を利用して費用を計算する制度です。
ただ所得控除の対象になるためには、条件を満たさなければいけません。
細かく条件が決められているので、税理士などの専門家に相談したり、内容を確認したりするのがおすすめです。

税額控除を使えば、納付税額を軽減させられます。
対象になる資産や法人の種類、さらに地域によって変わりますが、試験研究を行った時や高度省エネルギーを増やすための設備を導入した場合、さらに中小法人が新しい機械を導入した場合は税額控除が使えます。
ただこの制度を利用できるのは、青色申告法人だけです。


このコラムをシェアする