>

経営者なら知っておきたい会社の税金関係

どこで税金が発生するのか

楽に帳簿を付けたい

自動で計算してくれる

おすすめの会計ソフトは、会社で使っている銀行やクレジットカードと連携できるものです。
すると明細が自動で、すばやく反映されるので経理作業を会計ソフトに任せることができます。
人間がわざわざ計算する必要はありませんし、間違いも起こらないので安心して帳簿を付けられますね。

また帳簿を付ける時は、消費税も追加して記録しなければいけません。
会計ソフトなら金額を入力すると、自動で本体の金額と消費税に分かれます。
ですから消費税がいくらなのか、一目で把握できるでしょう。
大抵は会計ソフトを購入したら、初期設定のままで使えます。
しかし非課税の対象になる取引を行っている会社は、最初に設定を変更することを忘れないでください。

新しい税制に対応できる

税金に関する制度は、毎年改正されることが多いです。
ですから会社を経営している人は、こまめに税制に関する情報を集めることを忘れないでください。
情報収集を怠るとずっと昔の税制のままで考えてしまい、正しく税金を納められません。
そこで手間を削減するために、インターネットを経由する会計ソフトを使いましょう。
すると税制改正が行われた時に会計ソフトを更新すると、新しい税制に対応できるようになります。

さらに節税に関するアドバイスをもらいたい時は、税理士に相談すると良いですね。
まだ会計ソフトを持っていない会社は、税理士からおすすめの会計ソフトを聞きましょう。
税理士のおすすめなら使いやすいので、税金の管理が楽になります。


このコラムをシェアする